FC2ブログ

本州のヘソ~小川村~

地域おこし協力隊 



小川村のおいしいりんごジュース :: 2012/12/27(Thu)

小川村のジュース組合のりんごジュースしぼりのお手伝いに行ってきました。

売り物にならないりんごなどをジュースにして加工しています。

この日は自家用リンゴジュース絞り。


まずはりんごを洗います。
ringo.jpg

自動リンゴ洗い機。
この中で3分ほどゴロンゴロンとリンゴちゃんたちが洗われていきます。


次にりんごを絞ります
031a.jpg
このしぼりたてがまたおいしいんです!

りんごの絞りかすは牛さんの餌になるそうですよ。

次は火入れ

026a.jpg


火を入れた後は瓶詰です。
028a.jpg
以前はこの瓶詰機械がなくて、すべて手作業だったそうです。


次はふた。
027a.jpg


この後、ふたの周りをシールして、りんごジュースはできあがります。


実にシンプルなジュース作り。

リンゴのストレートな味。シンプルだからこそおいしいんですね~。



スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
名役者!? :: 2012/12/20(Thu)

先日、保育園で『アンパンマンの野菜王国』でトマト姫を演じた私。たむ隊員はピーマン王子役。
私はダンスではセンターを務めさせていただいたものの、園児を前にして大事なセリフがすっぽり抜けてしまい、悔やまれていました。。
IMG_4025.jpg

そんな矢先、今度は公民館の『熟年大学』で『尿失禁』の寸劇をするから助っ人で役者②を演じてくれとのオファーがあり、台本を見ての朗読寸劇ということで二つ返事でOK。
そして今日、出演して参りました。

CIMG0255s.jpg
セリフもそれほど多いわけでなく、
須坂からお越しいただいた保健師さんも一緒に寸劇をしたのですが、とってもおもしろい方で、
ちょっと恥ずかしい尿失禁の悩みや尿取りパッドの説明もおもしろおかしく説明してくださったので、終始笑いの絶えない和やかな会になりました。
私も将来の勉強になり楽しませていただきました。

きっと先日の保育園での食育の寸劇より、こちらの尿失禁の寸劇の方が今の小川には意味があるんだろうなあ。
今まで劇なんていうものに無縁に過ごしてきたけど、やってみると結構楽しいものです。
またこういった役者のオファーがあれば出演したいと思います。

  1. のぶちこ
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
キャンドル&リース作り :: 2012/12/18(Tue)

先日ブログで書きましたが、みつろうを使ってキャンドルを作りました~

ついでに、クリスマスも近いということで、村の素材を使ってリースも作ってみました。


まずは、リースに使う素材集め。

先日大雪に見舞われた小川村ですが、「おこしふぁ~む&おこし田んぼ」がある薬師沢へパトロール
われらがおこし田んぼも真っ白

薬師沢パ


動物の足跡だけがある雪原をサクサクと進んでいきます。

033b.jpg
くずか何かの弦を見つけたアキ隊員。
登っていきますよ~


素材はアケビやくずのつる。ススキ、南天、笹、杉の葉など。普段なんとも思わない植物たちも
なんだかおしゃれでかわいく見えてきます。



後日

小川村にあるslow cafe楽風さん→http://cafelafu.com/をお借りして、ワークショップ。


まずは、リースを作りやすいようにツルを雪に埋めてしんなりさせます。

楽しそうですね~、アキ隊員!

049b.jpg


その間に、みつろうキャンドル作り。
みつろうを湯煎で溶かします。

043b.jpg

042b.jpg


この日は私の友達が東京から来ていたので一緒に参加。
彼女はフィトテラピストの資格をもっているので、アロマを調合してキャンドルに香りづけをしようとしたのですが、みつろうだけでも十分いい香り。

みつろうの自然な香りを楽しむことにしました。


みつろうが溶けたら、ただ容器に流し込むだけ。

簡単!
047b.jpg
                     ↑これ  
手前にある細長いものはスティーブ隊員作。

この日参加のママさんから「へその緒みたい~」
との声があがり、「へその緒ろうそく」と名付けました。


小川村にある「本州のへそ」と絡めていけそうですね~




おやつに楽風さんの「和栗のロールケーキ」をいただいて

次はリース作り
051b.jpg

この日は小川村在住の私の知人がリース作りを教えてくれました。

彼女はラッピング講師をしていたこともあるので、リボンやワイヤーなどの使い方、
飾り方のポイントなどを教えてくれました。


056b.jpg


052b.jpg
こんな感じでできあがりました。


何気ない植物やはちみつの副産物が宝物になるんですよ。

改めて、小川村って素材の宝庫です!!

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
チェンソーアートに挑戦 :: 2012/12/12(Wed)

先日11月24日、大鹿村で行われたチェンソーアート講習会に参加してきました。

春からずっと間伐の事が気になっていたのですが、「女の子はやめておけ」「危ないぞ」と村の方々から言われていて、小娘が立ち入ってはいけない世界なのかなぁ。。とずっと躊躇していました。

躊躇しながらもやっぱりどうしても木の事が気になり、チェンソーに対しての憧れは募る一方

そんな中、大鹿村の協力隊員の方から送られてきたメーリングリストに、「チェンソーアート講習会」「初心者でも女性の方でも大丈夫!!」と書かれたポスターを見て、飛びつき、行ってきました。



小川村から大鹿村は、下道で約4.5時間程。
パワースポットと呼ばれる分杭峠をくねくねと行き、峠を越えて山深い大鹿村へたどり着きました
。個人的にはずっと行ってみたかった村なので、テンションはあがりまくりです。


農家民泊をされている宿、「あたらしや」さんに一泊し、(こちらも素敵な所でした。山里の料理がすごく美味しい!家の敷地内に沸いてるお水もやわらかくて美味い!)

翌朝いよいよ講習会へ


場所は大鹿村の協力隊の方がされている木工館にて、県内外から10名の方々が集まりました

大鹿村の協力隊の女の子と私以外は皆男性で、林業に携わっている方や普段から木を切ったりする方ばかり
チェンソーを触った事がないのは私だけで、持ち方やエンジンのかけ方から教わります
試しに木を切らせてもらいましたが、力の入れ具合が分からずうまくいかなくて、「今日一日だけなのに大丈夫かなぁ」と不安になりました


が、実際彫りはじめてみると、最初こそ変な感じだったけど、気づいたら夢中で彫ってました
とにかく楽しかった! 使いこなせれば一瞬で彫刻が出来上がるんですもの。。。


CIMG0054.jpg
この日のインストラクターさん 
若いイケメン先生


CIMG0061.jpg
作業場はこんな感じです



CIMG0059.jpg
彫って

pp.jpg
彫って彫って

jj.jpg
完成作品を前に記念撮影


とにかく楽しい一日でした
本当に無我夢中で興奮した一日でした

せっかくなので、これからもっともっとチェンソーに慣れていきたいし、木の事をもっと知りたいし、扱えるように、伐れるようになっていきたいです

そしてこの日のチェンソー講習会、NHKで放送されたそうです。
んでもって記事が信濃毎日新聞に載りました。それがこちら。知らない間に撮られてた写真

格好良く映ってます(笑)初心者なのに。。。

n.jpg





  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
蜜蝋作ってみました。 :: 2012/12/10(Mon)

小川村には蜂蜜を作っている方が何人かいます。


はちみつの副産物「みつろう」



私自身クリームなどを手作りしているので、よく使います。
なんなんだろう??とずーっと思っていて、今回作ってみました。


蜜蝋の原料は村の養蜂家さんに譲っていただきました。
015a.jpg
こちらが、その養蜂場。

標高約1000メートル。西洋ミツバチを飼っています。
西洋ミツバチは花ごとに蜜を集め、日本ミツバチは「百花蜜」って初めて知りました。


蜜蝋の原料は蜂蜜を採取した後に巣箱にくっついているもの、だそう。


それをみつろうにするには

034a.jpg
まず、ぐつぐつとお湯で煮溶かしていきます。

はちみつのような甘いにおいがしてきます。

でも、けっこうグロテスクな色になりますよ。

そして、まずゴミなどを濾します。
035a.jpg

そして、冷めて固まるまでしばし待ちます。
mitsurou.jpg

こんな感じで蝋が固まっていきます。

下には水とゴミがたまります。

不純物を取り除いて、また蝋を溶かして、ゴミを取り除いて・・・・という作業を2,3回くりかえして
型に流しいれます。


固まったら冷凍庫に入れると、みつろうが収縮して型からすぽっと外れます。

まぁ、ここ数日雪に覆われている小川村ですので、外に出しておいたらきれいに型から外れました。


a040

このみつろうを使って、クリームやキャンドル、石鹸なども作れますよー。


とりあえず今度の週末、東京から友人が遊びに来るので、仲間とアロマキャンドル作りをしようと思います。


けっこう、宝物眠ってますよ。小川村。



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0