FC2ブログ

本州のヘソ~小川村~

地域おこし協力隊 



ハンター学校の罠猟講習に参加しました :: 2016/09/13(Tue)

山間部の農村では、野生鳥獣による獣害が農家に重大な被害を与えます。ということで、村の獣害を防ぐ手立てを一助として長野県の主催するハンター学校に参加しています。9月11日には、第三回講座として「罠猟(わなりょう)」の講習会が長野市の若穂地区であり、参加してきました。
DSCN0960.jpg

この日は北信ゾーン対象の講習会でしたが、若い女性の参加者が多いことに驚きました。狩猟ガールは本当に増えているんですね。頼もしい限りです。
DSCN0953.jpg

始まりは、公民館で座学。罠の種類や法律などについて学びました。

猟友会ベストと罠も各参加者に配られました。
DSCN0951.jpg

その後、「机上より実践」ということで実際のフィールドへ。若穂地区は長野市内ながら、なかなか自然豊富なところ。
10分ほど走った山が演習会場です。

今回使う罠はこれ。
DSCN0956.jpg

いわゆる「くくり罠」の一種で、足を踏み入れた小動物をスプリングの力で捕まえる代物です。
もちろん、このまま道に置いておくだけでは、動物も警戒して近寄らないので、森の中に目立たないように設置する必要があります。(ちなみに、この罠は有害鳥獣用のもので、一般に使用される狩猟用の罠よりも大型だとか)

DSCN0961.jpg

バネはなかなか反発力が強く、作動する状態に準備するのも一苦労です。
(最初につよく引っ張って、バネの力を充填?する必要があります)

DSCN0970.jpg

準備した罠をもって、森の中に入ります。獣の通りそうな道筋(いわゆる獣道)を選んで、スコップで穴を掘り、そこに罠を埋め込んできます。地元猟友会の講師曰く、「近くのベト(土)で罠を埋めちゃだめだ。人間が手を入れたことがわかってしまう。だから、離れた場所からベトを取ってくるようにしなさい」とのこと。ハクビシンなど小動物は賢くて、ちょっとした変化に敏感なのだそうです。それに比べると、タヌキはオツムが弱いようですが。

というわけで、土と落ち葉でカモフラージュして埋めてみました。本当は、パイプも見えないほうが良いそうですが、今回はこれくらいで。
DSCN0968.jpg

安全装置を外して、ためしに、棒を突っ込んでみると・・・

バッチーンと、強烈な音がして、
見事、罠が作動しました。

DSCN0978.jpg

本物の動物に通用するか、どうか、小川村でも実践してみたいですね。
まだ狩猟者登録も済んでいないので、その先の話ですが。

山間地における獣害の被害は、本当に深刻です。せっかく育てた作物が食べられたときのショックの大きさは、なかなか辛いものです。(筆者の畑でも、カボチャやトマトなどが食べられたりしました)
もちろん動物と人間が共存できれば何よりですが、きれいごとだけではどうにもならないところはあります。
村に住む人間として、できること、すべきことは何か、狩猟の技術も学びながら、考えていきたいところです。

DSCN0976.jpg








スポンサーサイト



  1. 風の歌
新聞屋さん.com :: 2016/09/08(Thu)

今月の新聞が完成しました。
ぜひご一読ください♪

第51回協力隊新聞1

第51回協力隊新聞2


  1. そぼ